髪を傷めずに乾かす最良の方法

タオルドライは優しく

髪が濡れているとキューティクルは開きます。キューティクルが開くと髪は無防備な状態になり、タオルドライや枕の摩擦などの軽微な刺激でもボロボロになってしまいます。タオルドライをする際は、濡れた食器でも拭くかのようにタオルでこするのではなく、ポンポンと軽く叩くような感じで、タオル越しに両手で髪をはさむように乾かしていくのがポイントです。

 

ドライヤーは最後に冷風を当てる

キューティクルは「気温、湿度が高いと開く。低いと閉じる。」といった特徴を持っています。ですから、ドライヤーで髪を乾かす際は必ず最後に冷風を当てるのがポイントです。冷風をあてることによって、キューティクルを引き締め、髪の表面を滑らかに保ち、さらには外部ダメージに対する備えにもなります。

 

正しいドライヤーの使い方

 

下記の項目のうち、1つでも当てはまるという人は間違ったドライヤーの使い方をしている可能性が大です。

 

手で髪を揺らして風を当てている・ドライヤーの髪の距離が20cm以内・頭を下げ後頭部から上に向かって乾かしている・冷風モードは使わない・同じ所に3秒以上風を当てている・頭皮に直接風があたってない

 

どうでしょうか。1つでも当てはまる項目がある人は、この機会に正しいドライヤーの使い方を覚えて頂ければと思います。

 

頭皮をしっかり乾かす

ドライヤーで乾かすのは髪だけではありません。濡れて湿った頭皮を放置しておくと、雑菌の温床となりますので注意が必要です。所々髪をかき分け頭皮を露出させ、ドライヤーの風が頭皮に当たるように乾かしていくのがポイントです。

 

動かすのはドライヤーの手だけ

よくドライヤーの風を当てながら、反対の手で髪をバサバサと動かして早く乾かそうとする人がいますが、これをしてしまうと摩擦で髪がどんどんと傷んでいきます。

 

また、ドライヤーを持つ手は、風が一箇所に集中して当たらないように力を抜いてゆらゆらとした状態にしておくことがポイントです。

 

髪に対して上から風を当てる

 

ドライヤーには正しい向きがあります。キューティクルのうろこは、上から下へ向かってついていますので、この向きに逆らわないように髪を乾かしていくのがポイントです。

 

だいたい髪に対して30度くらいの角度で上から風を当てていくと良いでしょう。中には、お辞儀をするように頭を下げて後頭部にドライヤーをかける人もいますが、これでは、瓦のように重なっているキューティクルを毛羽立たせてしまいますのでおすすめしません。

 

また、ドライヤーの風を当て過ぎるのもNG。目安としては、頭皮が完全に乾き、髪が8割程度まで乾いたらOKです。軽く手グシで整えた後に、目の細かい天然毛ブラシで優しくとかしていくとキューティクルも綺麗に整い、髪にツヤとまとまりが出てきます♪