白髪用ヘアマニキュアの効果的な使用方法

白髪用ヘアマニキュアを使用する際は、髪にきちんと浸透させることが大切です。そしてこれは髪でも肌でも同じですが、何らかの成分を取り入れるためには、次の3つのことを意識してみるとよいでしょう。

 

温める

肌には温度のセンサー機能がついています。温めれば毛穴が開きますし、冷やせば毛穴はギュッと閉じる性質を持っています。髪のキューティクルもこれと同じような性質を持っています。温めれば開きますし、冷やせば閉じます。また塗れると開き、乾くと閉じる性質があるのです。

 

この性質を上手く活用するために、ヘアマニキュア剤をすぐに髪に塗布していくのではなく、手のひらで温めてから使用するよいでしょう。このひと手間を加えるだけで、ヘアカラー成分がより髪に浸透しやすくなるのです。

 

時間を置く

当サイトをご覧頂いている方は、顔のシートマスクを使う時、どのようにしていますか?ほとんどの人がペタっと顔に貼って、しばらくの間放置していると思います。白髪を染める際も同様で、中々染まらないとお悩みの方は、ある程度の時間を置くことで成分がしっかりと髪の内部に浸透してくれます。

 

理想を言えば説明書に記載してある時間の+10分ですが、忙しいい日なら+5分でも構いません。通常より少し長めで使用してみて下さい。一定の時間を置くことで成分が浸透しにくい髪質の方でも、ヘアマニキュア剤が効果を発揮してくれるでしょう。

 

密閉する

この方法もスキンケアと同様で、フタをしてあげることで成分は浸透しやすくなります。シートマスクで顔を覆ったり、手のひらで美容液を押し込んであげたり、ラップを貼って浸透させたり・・・基本の原理は全て一緒です。

 

ヘアマニキュア剤を塗布した際も、シャワーキャップなどを上手に活用して密閉させると良いでしょう。余裕がある方は、ホットタオルを作ってシャワーキャップの上から頭に巻くと、スチーム効果でキューティクルが開き成分が奥まで浸透するのを助けてくれます。

 

基本の原理はシンプル

評判の良いヘアマニキュア剤や、人気の白髪染めを使用すれば、白髪がキレイに染まってくれるというのも一理ありますが、どんなにいい成分が配合されていても正しい使い方をしなければ大きな効果は期待できないでしょう。

 

一つ一つのステップを丁寧におこなえば、確実に白髪は染まってくれます。頭皮や髪のお手入れとスキンケアの共通点はとても多いです。基本原理は意外とシンプルですので、知っておくとスキンケアやボディケアにも応用できる知恵がたくさんあるのです。