白髪染めコラム記事一覧

 

白髪染めは、白髪をダークな色に染めて“白髪がない”状態にするもの。一方、“黒髪戻し”のように髪色をダークにするヘアカラー(お洒落染め)もあります。ダークな髪色になるなら、40代のお母さんの白髪染め、20代のお嬢さんの就活向け、一緒に使えるイメージですが…。白髪染めもヘアカラーも、永久染毛料ではありますが、薬剤の配合が異なっています。特徴は、白髪染めとヘアカラーに含まれている染毛剤とブリーチ剤の配分...

 
 

30代も半ばに入ると気になりはじめるのが、シミ・しわ、白髪。白髪をありのまま受け入れるのは、ちょっと若すぎる。けれども、“チラホラ白髪”を放置していると、年齢より老けて見られるし、何よりもお洒落を棚上げした“オバサン”化しているみたいで、自分でもイヤ。でも、60代の母親愛用の白髪染めを使うと、不自然な仕上がりになって、顔や表情が硬いイメージに。何より、新しく生えてきた白髪の伸びはじめがいやにくっき...

 
 

「ヘアマニキュア中に、液が皮膚や服、洗面ボウルに付着してとれなくなった!」。化粧品の口コミサイトには、このような“悲鳴”とも思える投稿が散見できます。服に移染したヘアマニキュアのしみ抜きを得意とするクリーニング屋さんもいるほど…。こればかりは自分のうっかりミスですから、メーカーを責めるわけにもいきません。周到な準備をしていても、液が飛散という憂き目にあわないとは限りませんから、いざ付着した時の対処...

 
 

「髪の生え際が後退してきた」「髪にハリやコシがなくなってきた」「髪が薄くなってきた」「白髪が生えてきた」等など、これら髪に関するトラブルは、遺伝的要素や加齢が原因と言われていますが、最近では若い人の間でも抜け毛や白髪が目立つといった人が増えてきています。これらの薄毛や白髪のトラブルは、頭皮のツボ押しで、大きく改善することができます。元気な毛髪を育てるためには、頭皮環境を整えていくことが大切です。例...

 
 

髪が生えてきたことを知った瞬間、「もう若くない…」と愕然とされる方も多いと思います。ですが、最近では30代や40代、早い方の場合、20代から白髪が目立つ方も多くなってきました。白髪を放置したままという方は少なく、何かしらの対策を行っておられることと思います。ほとんどの場合、美容院や自宅で白髪染めのヘアカラーなどを使用されると思うのですが、白髪染めシャンプーというものがあるのをご存知でしょうか。ここ...