白髪の原因

白髪が目立ってくると見た目の年齢が老けて見えてしまうため、白髪にはとても敏感になってしまうものです。昔から老化現象といわれていた白髪ですが、その原因は今だに解明されていません。根本的に白髪を治す医療技術は、まだまだ確立されていないのです。

 

現在、白髪の原因について研究機関が発表している内容を以下になります。

 

東京医科歯科大学の発表

 

2009年、東京医科歯科大学の難治疾患研究所は、白髪の原因は「色素幹細胞の枯渇」だと発表しました。

 

毛嚢(もうのう:皮膚内の毛根を入れている袋状の組織)にある色素幹細胞は、自己複製しながらメラニン色素をつくる色素細胞へと分化します。色素幹細胞が老化などが原因で少なくなってしまうと、毛髪の色素も少なくなってしまい、どんどん白髪になってしまうのです。

 

つまり逆を言えば、毛髪が成長している時期であれば、色素細胞はメラニン色素を作り続け、色素細胞はどんどん複製され続けますので、黒髪は持続するというわけです。

 

色素幹細胞が枯渇する原因

 

それでは、色素幹細胞はどうして枯渇してしまうのでしょうか。その原因は2つあります。

 

1つ目は、紫外線などの影響で色素幹細胞のDNAが損傷を受けてしまうことが挙げられます。そして、DNAの損傷を受けた色素幹細胞は、自己複製機能を失いどんどんと枯渇していきます。それに伴い色素細胞の数も減少し、結果的に白髪が増えてしまうのです。

 

2つ目は、色素幹細胞の働きを監視する機能が加齢とともに衰えることです。色素幹細胞の働きを監視する機能は、色素幹細胞の質を常に異常がないように監視をしているのですが、加齢とともにその働きが弱くなると、色素幹細胞の複製や分化が上手くいかなくなってしまうのです。

 

白髪の予防方法

 

白髪の原因をまとめると「紫外線による色素幹細胞の損傷」と、「加齢による色素幹細胞を監視機能の低下」になります。原因が特定できても、その治療薬が開発され、流通するようになるまでには10年以上かかると言われています。

 

白髪の根本的な治療については、まだまだ先の話で医学的にも解明されていません。現在できる対策方法として、外出時は帽子を被るなどして紫外線から頭皮を守りながら、どうしても白髪が気になる場合には、頭皮や髪に与える刺激が弱いヘアマニキュアなどで染めることくらいだと言えるでしょう。