ヘアマニキュアとヘアカラーの違い

なぜ、ヘアマニキュアはヘアカラーと比較して髪を傷めないのでしょうか?その理由には、成分の違いが挙げられます。

 

ヘアカラーとは、医薬部外品の「アルカリ性酸化染毛料」(永久染毛料)です。髪を染める仕組みは、次のとおりになります。

 

薬剤がキューティクルを開いて髪内部に入り込み、毛皮質(コルテックス)のメラニン色素を分解し、一度脱色しますそのうえで、染料同士を結合させ、髪内部に閉じ込める働きによってカラーを定着させる仕組みです。

 

長所は、一度染めてしまえば、1〜2カ月間はほとんど色落ちすることがないことです。また、髪色の脱色によって、髪全体を同一の色に染めることが可能になります。キューティクルが開くため、アフターケアが不十分では髪の傷みが進行していきます。

 

また、主成分であるパラフェニレンジアミン(ジアミン)へのアレルギー反応には注意が必要です。人によっては、発疹・発赤・顔全体の腫れなどが起こる可能性がありますので、使用前は必ずパッチテストをしたうえで使用することをおすすめします。

 

はじめはアレルギー反応が起きなくても、長く使用するうちに免疫の許容量が段々となくなり、ある日突然、アレルギー性皮膚炎が引き起こされた事例もありますので充分に注意をしましょう。

 

パラフェニレンジアミンはどのヘアカラーにも配合されており、一度アレルギーを起こした場合は、再びヘアカラーを使うことはできません。アレルギーが起きやすい体質の人は、事前に医師への相談が必要です。

 

一方、ヘアマニキュアは「酸性染毛料」です。医薬部外品ではなく、化粧品の位置づけとなっており、無添加の商品も数多く発売されています。半永久”染毛料と呼ばれているとおり、シャンプーのたびに色落ちするなど、水に落ちやすい性質を持っています。

 

長所としては、髪の表面に染料(カラー)を付着させるだけですから、髪のキューティクルを破壊して染めるヘアカラーと比較すると、髪を傷めにくいこと等が挙げられます。

 

また、髪にうっすらとカラーのニュアンスが入るため、いかにも「染めました」風の仕上がりではなく、ナチュラルな雰囲気に仕上がります。

 

アレルギーの報告はヘアカラーと比較すると格段に少ないものの、含有されているタール色素、エタノールへのアレルギーが報告されていますので、染める際には、必ずパッチテストを実施したうえで使用することをおすすめします。