「17型コラーゲン」不足が脱毛や白髪の原因!?

現在、幹細胞医学分野について、白髪や発毛の研究が進められています。中でも、東京医科歯科大学難治疾患研究所の西村栄美教授をはじめとしたグループによる「色素幹細胞」の発見があります。

 

教授らは、「17型コラーゲン」の存在が、白髪と脱毛の発生の鍵を握っているとする学説を展開しています。遺伝子操作による実験で、「17型コラーゲン」を生成することができなくなったマウスを使った実験を開始したところ、半年後にマウスの毛が白髪となり、10カ月後には全身の毛が抜けたそうです。

 

「17型コラーゲン」が不足することによって、毛包内の2種類の異なる幹細胞、毛包幹細胞と色素幹細胞との間の相互作用による幹細胞維持機構が破綻し、白髪や脱毛が起こる、と断定しました。

 

同教授は研究の中で、毛包幹細胞にある「17型コラーゲン」が白髪と脱毛を抑えている、と主張。「17型コラーゲン」は、私たちが生まれたときに必ずもっているものです。

 

これまで、先天性脱毛症の人は「17型コラーゲン」を先天的にもたないといわれてきましたが、その原因は解明され、一方、毛根で「17型コラーゲン」が働くことによって、白髪や脱毛が予防されていることが確認されました。

 

現時点では、紫外線その他によるDNAの損傷を防ぐことは難しいとされていますが、今後の研究によって、白髪のメカニズムが解明されると、幹細胞を保護する新薬が考案される可能性もある、といわれています。

 

西村教授は、「アンチエイジング戦略、加齢に伴う疾患の予防や再生治療へと繋げたい」と語っているそうですが、「17型コラーゲン」を配合した薬が市販されるようになったら、白髪や脱毛の悩みもなくなる…?

 

あるいは、予防するクリームやシャンプーが発売されたら、白髪染めも脱毛防止剤も必要なくなる?…と思ったら、残念なことに、「17型コラーゲン」は、人工的に化学合成ができないそうです。

 

「17型コラーゲン」が配合された白髪/脱毛予防の薬品やサプリメントが考案されることはないようですが、さらなる研究の進化(深化)を期待したいものです。