白髪用ヘアマニキュアを利用するメリット&デメリット

白髪染めの方法は、人それぞれだと思います。

 

美容院に通って染めてもらったり、自宅でヘアカラーを使用して染めたり、中には白髪染めシャンプーを使用されている方もおられるのではないでしょうか。

 

ここでは、そのような”白髪染め”ではなく、ヘアマニキュアを利用することについて、ご説明していきたいと思います。

 

ヘアマニキュアのメリットやデメリットについて、少し見ていきましょう。

 

そもそもヘアマニキュアってどんなもの?

そもそもヘアマニキュアとは、どのような効果があるものなのでしょうか。

 

ヘアマニキュアは、ヘアカラーのように髪を明るく染めたりするものではありません。

 

白髪染めのヘアカラーが髪を脱色しながら染めていく事に対し、ヘアマニキュアは髪の表面をコーティングしながら色をつけるというものです。

 

脱色効果はありませんので、明るい髪色にしたりすることは難しいのですが、強い薬剤を使用していませんので、髪や頭皮を傷つけることなく、白髪染めをすることが出来ます。

 

”マニキュア”という名前からも想像できるように、髪を保護する成分の中に、マニキュアのように色を付けるものが加えられているのです。

 

そのため、色落ちするのは早めとなります。

 

では、このヘアマニキュアを使用するメリット・デメリットを見ていきたいと思います。

 

ヘアマニキュアのメリット・デメリットとは

ヘアマニキュアのメリット・デメリットを見ていきましょう。

 

メリット

・髪や頭皮を傷つけない
・効果が短いために気軽に使用できる
・カラーバリエーションが豊富にある
・薬剤がきつくないため、敏感肌の方でも使用することが出来る

 

デメリット

・効果が短く、元の色に戻りやすい
・脱色は行わないために、綺麗に色がつかないこともある
・髪を洗った後、タオルなどに色がつくことがあります

 

など、メリット・デメリットには、それぞれこのような点が挙げられます。

 

ヘアマニキュアは部分的に白髪を染める際にも使用することが出来、頭皮や髪も傷まないという点でおすすめできるものです。

 

敏感肌のため、どうしてもヘアカラーでは痒くなったり痛くなったりするという際にも、ヘアマニキュアならそのような事はありません。

 

色持ちは良くないためにこまめに使用することにはなりますが、髪への負担を考えると、ヘアマニキュアを使用するほうが良いとも言えます。